独身50代。実家を売却してマンションに住み替えたいのですが、お金が足りるか心配です。

マンションに住み替えたいのはなぜですか?

50代で独身。ご実家を売却して住み替えたいということは、ご両親は他界され、あなたおひとりで、ご実家に住まわれていらっしゃることとお察しします。

ご実家をどうするかに関して、あなたにすべての権限がある(例えば、ご兄弟と相続などで揉めたりしていない)前提でお話させて頂きますが、
そもそもマンションに住み替えたいと思われたのは、どんな理由からでしょうか?

お金が足りるか心配・・・というお気持ちを抱えたままで今、本当に住み替えるのが良いことなのか?
ご実家にそのまま住み続けるという選択肢はないのか?

住み替えには、引っ越し代など含めて、最初にお金もかかってくるものです。

だからこそ、最初に、マンションに住み替えたい、
あなたのお気持ちを今一度見つめ直してみることから始めてみませんか?

購入と賃貸、どっちにする?

ここからは、マンションに住み替えるお気持ちが固まった前提でお伝えしていきます。

50代独身でいらっしゃるということなので、今の状況が変わらなければ、あなたの資産を誰かに遺す必要はないのかと思われます。

その場合、購入にこだわることもないのでは?と私は感じます。

もちろん、購入すれば、あなた自身が好きなように部屋の中をアレンジして、心地よい暮らしを送ることにもつながります。

また購入して所有していることで、そこにずっと住み続けられるという安心感も生まれます。

ただ、お金が足りるか心配というお気持ちを抱えていらっしゃるのであれば、賃貸という選択肢もありではないか、と私は考えます。状況に応じて、住み替えることがしやすいからです。

最近は、60歳以上の方が入居できる、高齢者専用の賃貸住宅も増えてきています。いざという時の見守りなどがついている住まいです。

ご実家を売却して得たお金をもとにして入居するという選択肢もあれば、ご実家をあえて売却せず、賃貸として誰かに貸し出す選択肢もあります。

賃貸に出して、入居して下さる方が見つかれば、その方から受け取る家賃を、あなたが借りて住む賃貸住宅の家賃の支払いにあてて、
実質的なお金の負担を抑えながら過ごすこともできるのです。

リバースモーゲージという選択肢も

先程は、賃貸の良さのような点に触れましたが、もちろん購入を否定している訳ではありません。
ただ、購入の場合、自己資金でまかなえない分は住宅ローンを組むことになります。

50代で住宅ローンを組めば、完済するのは70代とか80歳前後になる可能性が高くなります。

今後、年金収入がメインとなる中で、住宅ローンを払い続けられるのか?
お金が足りるか心配というお気持ちの裏には、この想いもあるのかもしれないと思います。

そこで、選択肢の1つとして、リバースモーゲージがあります。

リバースモーゲージは、物件の評価額の50~60%などの金額が借りられ、あなたが生きている間は、利息のみを支払えば良いというものです。
(金融機関や商品によって違いはありますが、現在ある商品として多いのはこのタイプです)

そして、あなたがお亡くなりになった後は、金融機関が、お住まいだったマンションを処分して、あなたに貸していたお金を回収する、というのが仕組みです。

独身で、資産を誰かに遺す必要がなければ、リバースモーゲージを利用して購入することで、生きている間のお金が足りるかの心配と、
亡くなられた後のマンションの行く末を、過度に気にせず過ごせることにもつながる
と私は考えております。

マンションに住み替えたい理由や住み替える場合、購入するのか、賃貸でも良いのか。

あなたの懐具合も勘案しながら検討し、お金の心配が和らぐ選択をして頂ければと思います。

関連ラジオ:「住宅ローン、50年組んでも大丈夫ですか?」

FPオフィスケセラセラ横浜
斎藤 岳志 >>プロフィールをもっと見る

某百貨店に3年ほど勤務。色々な方との触れ合いを通じて、サービス・接客・対人関係の基礎を身につける

百貨店在職中に、ファイナンシャルプランナーの勉強を始め、資格取得をしたことをきっかけに、数字を扱う仕事に興味がわき、転職して、経理・税務という職種を経験。自身の強みとなっている。

また、プライベートな部分でも、株式投資に始まり、信用取引や商品先物取引、投資信託やFXなど、投資と名のつくものはだいたい経験し、その経験を経てくる中で、一番自分の性格とうまの合った不動産投資を2007年にスタートして以来、自分の資産運用に関しては、中古マンション投資を中心に金融資産の運用不動産を組み合わせたバランスを意識して取り組んでいる。

| よくある質問一覧へもどる |