ブログ不動産投資は、ワードローブの一着です!

 

不動産投資と聞いて、あなたはどのようなイメージをされますか?

 

リスクがあって怖い・・・

融資を受けて返済ができなくなったら大変だ・・・

空室が続いて、賃料が入らなくなってしまうのは困る・・・

 

資産運用に興味はあるけれど取り組んでいない人にとっては、

株式投資など投資全般に対して、マイナス感情を持たれている方が多いです。

なかでも、不動産投資へは、他の投資よりも、マイナスイメージを持っている方が多いように感じます。

 

 

不動産投資、大家業を2007年から継続して行っている私からすると、

残念なイメージだと感じています。

 

だからといって、興味があるなら必ず不動産投資を始めて下さい、とすすめている訳ではありません。

得意なこと不得意なことがあるように、あなたに向いているかどうかは、お考えやお話を伺ってみないと分からないからです。

 

そんな興味はあるけれど、マイナスイメージがあり前に進めない方が、

どうすればよいのか、安心できるのかを一緒に考えるサポートを私はさせて頂いていますが、

次のように伝えるとイメージしやすいかな、と最近感じるようになりました。

それは、

 

「資産運用は、あなたのお金のコーディネート。不動産投資は、ワードローブの1つ」

 

というイメージです。

 

 

ここで洋服を例にあげます。

 

あなたは、自分に似合う色やデザインなど、どのように決めて選んでいますか?

 

自分の好きな色やデザインを選ぶという人もいれば、友達の意見、お店の人の意見を

取り入れながら選ぶ人など、いろいろだと思います。

 

 

 

 

この、「あなたがどんな洋服を選ぶと似合うのか?前向きな気持ちになれるのか?」という

コーディネートにあたる部分は、資産運用で言うと「アセットアロケーション」という言葉で表現されます。

 

つまり、「あなたのお金、資産を、どのようにコーディネートするのが、あなたにとって1番安心できるのか?」というお金や資産の置き場所を決めるイメージです。

 

 

ある人は預貯金が100%かもしれませんし、預貯金と株式が50%ずつかもしれませんし、預貯金と株式と不動産が3分の1ずつかもしれません。

 

資産運用の最初に考えることは、この「お金の置き場所の全体像」です。

キッチリと決めすぎることなく、ある程度の大枠が決まれば大丈夫です。

 

そして、お金の置き場所、コーディネートの大枠が決まった後、

それぞれの場所に、株式や不動産などを選んでいくという流れです。

 

 

 

 

先程の洋服の例をあげれば、あなたに似合うコーディネートや用途に合わせた服を

選んで、ワードローブに並べていくようなイメージです。

 

洋服を買おうとする時は、「今自分が持っている洋服と合うかな?」とあなたのワードローブの中を思い浮かべながら、選んでいくと思います。

 

資産運用の場合も洋服と同じで、大枠のお金の置き場所がコーディネートできたら、今ある資産と照らし合わせながら、ワードローブに並べていくというイメージです

 

そう考えると、株式も投資信託も不動産も、資産運用の手段として存在しているものは、

「あなたのお金のワードローブの1着」なのです。

 

 

資産運用は怖い、不動産投資は怖い、と感じる方の多くは、

最初のお金のコーディネートができていない方が多いのではないかと私は感じています。

 

不動産に関しても、どんな物件を選ぶのが良いのかなど、どの1着を選ぶのかに関しては、慎重に吟味する必要はあります。

 

 

ただ、お金の置き場所のコーディネートができていれば、

そして株式や不動産をコーディネートの全体像の1部に入れようと考えたのであれば、

あなたのワードローブの1つとして、株式や不動産を選んで揃えていくことは、間違った選択にはならないと私は考えます。

 

 

ワードローブは好きなもので固めるのも良いですが、全体のバランスも意識することが大切です。

 

不動産投資も、ワードローブの1着として取り入れることが、

あなたのお金、資産全体のバランスの良さにつながるのであれば、

怖さを乗り越えて、取り入れることを考えてみても良いのではないかと私は思います。

2021年05月07日