• トップ
  • > ブログ
  • > 不動産投資で失敗したと感じやすいのはどんな人?

ブログ不動産投資で失敗したと感じやすいのはどんな人?

 

副業や副収入作り、資産運用の1つの手段として、

不動産投資を選ぶ人が増えています。

 

 

インフレ懸念などがささやかれつつある中で、

不動産はインフレに強い、と言われることも一因だと感じます。

 

 

中でも、私自身が選んで、継続して行っている

中古ワンルーム」は、不動産投資の中でも価格帯が

 

他の一棟アパートなどよりも低く抑えられており、

最初の一歩に向いていると実感しています。

 

 

そんな不動産投資に興味を持ってスタートしてみたけれど、

 

・「失敗した」

・「やらなければ良かった」

 

と感じてしまう方が一定数いらっしゃるのも事実です。

 

 

選ぶ立地、選ぶ物件さえ間違えなければ、失敗しにくい仕組み

だと私自身は感じていますが、

 

マイナス感情を抱いてしまう一定数の方がいらっしゃることで、

 

「不動産投資=リスクが高い」

 

と敷居の高さを感じる方がいらっしゃるということです。

 

 

 

 

では、「失敗した」と感じてしまいやすいのはどのような人でしょうか?

 

 

それは「自分で調べずに、他人任せにしてしまう人」ではないか、と私は思います。

不動産は、「情報の非対称性が大きい」と言われることが多いです。

 

 

日常的に不動産に接しているという人は、
不動産好きの人か不動産に関わることを仕事にしている人です。

 

 

大多数の人にとって不動産は、「一生に一度の買い物」と言われることが多いように、

マイホームを購入する時」あるいは「賃貸の部屋を借りる時」などの人生の節目、

転機でしか、接する機会のないものではないでしょうか?

 

 

ここに「情報量の差」というものが、生まれる要因があります。

 

 

高額な買い物になるにも関わらず、情報を多く持っている(と思われる)、

偶然出会った担当者の話だけを信用して選び、購入することが多いのでは

ないか、と私は思います。

 

 

もちろん、不動産情報を多く持っている担当者がいなければ、
物件と出会うこともできず、質問することもできません。

 

 

ただ、あなたが偶然出会ったその担当者の話だけを信じて、
購入を決断すると、のちのち「こんなはずじゃなかった・・・
という失敗感に陥ることがありえます。

 

 

だからこそ、あなたにして頂きたいこと、それは

 

あなた自身の目で見ること

あなた自身の足で歩いて体感すること 

 

です。

 

 

新築の未完成の物件でない限り、
不動産は実際にあるものを見ることができます。

 

中古マンションであれば、管理人さんや実際に住んでいる
人に話を聞いたりすることもできるのです。

 

 

担当者の話を信じる気持ちも大切ですが、それと並行して、あなた自身の目で見て

感じて、「担当者の話が本当かどうか」を自分で調べることこそが、物件購入で

失敗したという気持ちに陥らないためには大切なことだと私は考えています。

 

 

自分で調べることができず、分からない点などがあって、もやもやする気持ちが

あるのであれば、お医者さんではないですが、「セカンドオピニオン」的な

第三者の意見に耳を傾けることが大切だと思います。

 

 

そのもやもやは、決して担当者へはぶつけないで下さい。

担当者を信頼する気持ちは分かりますが、

 

販売する立場でもあるので、そのもやもやした気持ちを、
打ち消すことに注力してくるケースが多いと思います。

 

 

これは、マイホームでも、不動産投資の物件でも、
どちらにも当てはまることです。

 

 

・「あの担当者のせいで失敗した。   買って後悔した」

・「不動産投資を始めたけれど、
  リスクしか感じない。失敗した」

 

 

そんな想いに、のちのちならないように、
不動産は高額な買い物」という意識を忘れずに、

 

 

契約を交わすことを決めるまでは、
石橋をたたいて渡る」くらいの気持ちで進むのが
良いのではないか、と私は考えています。

 

 

 

2021年03月15日