• トップ
  • > ブログ
  • > 「副業で不動産投資をしているパートナー」と結婚するのはリスクがある?

ブログ「副業で不動産投資をしているパートナー」と結婚するのはリスクがある?

 

資産運用、資産形成の1つとして、中古マンションの不動産投資を

若いうちからスタートする人が増えています。

 

そんな不動産投資に興味を持って、独身時代に副業としてスタートした
相手と出会いました。

 

お互いに将来を見据えたお付き合いをしたいという時、

その相手をパートナーとして考えるのはリスクがあると思いますか?

 

 

私の結論からお伝えすると、

 

リスクどころか、将来を堅実に考えようとしている人

 

だと感じています。

 

 

 

不動産投資は、大きく儲けるような方法ではありません

中古マンションであれば、毎月賃料を受け取って、管理費修繕積立金を払って

ローンの返済をして、ということを、淡々と進めていく流れになります。

 

 

頭金をどのくらい入れて購入するかにもよりますが、毎月増える預金残高は

1部屋当たり数千円~数万円です。

 

 

そう考えると、本業の給与などの収入と比べれば少ない割に、ローンを抱えて

いることを、リスクと感じられるお気持ちも分かります。

 

 

「今」という短期的な視点で見るとたしかにそれは間違いありません。

 

 

 

ただ、中古マンションの不動産投資を始める方の多くは、
長期的な視点にたって、将来を見据えて考えている方が多いです。

 

 

ローンがある内はまだ完全に自分の資産ではないので、本業で稼いだお金を

繰り上げ返済に充てるなどして、100%自分の資産(=ローンのない状態)を

目指して、コツコツ努力するような方が多い、ということです。

 

 

しかも、この100%を目指すのに、自分1人の力だけでやるのではないことも

知っています。

毎月受け取った賃料の中から返済をしていますが、その返済の内訳は元本と

利息になっています。元本の返済が自然と進む=100%自分の資産に向けて、

借りてくれている方の賃料でまかなえている、というイメージです。

 

 

つまり、賃借人の方に払ってもらうお金(賃料)も使いながら、

自分の資産を形成していくことができるのです。

 

 

これって、賢いと思いませんか?

毎月少しずつですが自分の資産形成をコツコツしていくというのが、

株式投資にはない不動産投資の醍醐味でもあります。

 

 

もちろん、賃借人の方に返済して頂くだけでは、100%を目指すのには

時間がかかってしまうので、先ほども伝えた、本業の稼ぎの一部を

繰り上げ返済に回すということも大切です。

 

 

このように、時間はかかるかもしれませんが、相場の値動きなどに関係なく

着実に自分の資産形成をして行ける方法。

これこそが、中古マンションを利用した不動産投資です。

 

 

一時的に、賃借人の方が退去して部屋が空いてしまうかもしれないという

リスクは0ではありません。

 

 

ただ、中古マンションを持つ場所さえ間違えなければ、不動産投資において

大切な、賃借人さんに選んでいただけるような街、部屋であれば、空室期間の

リスクは限りなく小さく抑えることができます。

 

 

中古マンションの不動産投資をしている、というと

「騙されているんじゃないの?」などと疑念の声を聞くこともあります。

ただ、物件選びや付き合う不動産会社などのパートナーさえ間違えなければ、

限りなくリスクの低い資産形成の方法だと私は考えています。

 

 

長期的な視野で考えながら中古マンションの不動産投資を選んで副業で

やっている方であれば、あなたのことも、長期的なパートナーとして

しっかり考えてくれるのではないでしょうか?

 

 

株式投資で、短期間の値動きで利益を得ることを目指すタイプの人と比べれば、

毎月コツコツと長期的に安定した収入が入ってくる仕組みを作ろうとする人の

方が、リスクが少ないと私は感じるのですが、あなたはどう感じますか?

 

 

 

 

 

2020年12月24日