ブログ不動産の情報はどうやって集めますか?

 

 

マイホームを買いたい!

不動産投資、大家業を始めたい!

 

このような想いになった時、

あなたなら、まず何から始めるでしょうか?

 

いろいろなきっかけや媒体などがありますが、昨今は、ネットやSNSが主流になっていると感じます。

 

ある調査によれば、マンションを購入しようとした時に、参考にした媒体の1位は、「不動産のポータルサイト」という結果でした。

 

以下、YouTube、Twitter、Instagram、クチコミサイトが上位にあり、ネットでの検索、情報収集から始めている方が多くなっています。

 

さらに、上記媒体などで集めた情報が、購入の意思決定にどのくらい影響したかという質問には、

「かなり影響した」「やや影響した」合わせて、約9割に達しています。

 

特に、SNSや口コミサイト、ブログなどで情報収集する方が、なぜ参考にして、影響を受けているかという質問に対しては、

「リアルな口コミを見ることができるから」

「動画や画像とともに情報収集できるから」

「最新情報など情報量が多いから」

という理由をあげています。

 

私も、不動産投資、大家業の点で区分マンションを購入してきた経験があります。

 

2007年にスタートしたので、今までに様々な物件情報を見てきました。

 

その中で、上記のように、ネット上の口コミや情報がまとまっているサイトなどは、今でも利用して見ていますし、大変参考になる部分もあるので、良いとは感じています。

 

また、マンション名を検索すると、いろいろな情報も出てくるので、すごく便利だな、とも感じます。

 

ただ、私の場合は、購入の意思決定への影響は薄いです。

あくまでも、参考意見のひとつとして捉えるようにしています。

 

その1番の理由は、「誰が、どのような目的で口コミや情報を発信しているかが分かりにくい」からです。

 

マンションなどの不動産を購入するというのは、人生を左右するかもしれない、一大決心をして臨む出来事です。

 

人気の物件は売り出されると、早目に購入希望者も現れてなくなることもあるので、世界に一つとしかない物件であれば、サッと情報収集をして、決断をしたい、という気持ちも分からなくはありません。

 

そんなネットでの情報収集をメインに行う方が多い状況を使って、検索した時に、その物件が良い評価であるように、プラス面の口コミが多く掲載されているようなケースもありえます。

 

そんなネット上の情報だけを信じてしまったがために、実際の現場である現地を、しっかり見ることをしなかったために、

あとから「口コミにはあのように書いてあったのに。こんなはずじゃなかった・・・」となるケースも起こりえると私は感じています。

 

不動産の物件探しは、一筋縄ではいきません。

ネットの利便性になれてしまった現代社会にあっては、正直、手間や時間もかかる、アナログな世界がまだ残っていると感じます。

 

そんなアナログな世界だからこそ、一番信じられる、信ぴょう性の高い情報は、ネット上より、リアルな世界にこそあると私は考えています。

 

例えばですが、

「マンションの管理人さんに話を直接聞いてみる」

「最寄り駅界隈を歩いてみる。定点観察してみる」

「その街で長く営業していそうな不動産屋さんに話を聞いてみる」

「交番やおまわりさんを見かけたら、治安のことなど、支障ない範囲で聞いてみる」

 

など、リアルな現地、アナログな世界には、情報の宝庫、ヒントになる場所や人など、考えるといろいろと思い浮かびます。

 

 

街を作るのは人。

マンションを作るのも人。

 

不動産は住まいに関わるからこそ、「人」によって、資産価値や住まいの環境などが、大きく左右されます

 

だからこそ、最初にネットで口コミなどの情報を調べるのは良いと思いますが、その内容が本当なのかどうか、あなた自身の目や耳など五感を使って調べ、感じること。

 

決して安くない、不動産という買い物を失敗させないためには、アナログで泥臭い、情報収集というのが、あなたの満足度を高めることにつながるのではないか、と私は考えています。

 

2022年07月25日